2020年Twitter振り返り

マーケティング

2020年ツイートでどんなことが目に止まったのか?


2021年が始まったということで、2020年去年1年間に何のツイートが世の中の人に注目されたのか見ていきます。

ここでいう注目とは、ユーザープロフィールのクリック数のことです。

つまり自分という人間に興味を持った動機を探っていきます。

では第5位から発表します。

2ツイートあります。

楽天ネタはそこそこ注目を集めます。

YouTuberにも楽天ネタは掃いて捨てるほどあり、それを踏襲して自分なりの見解を述べた上記ツイートがランクインしました。

こちらは過去の自分の勉強したことのツイートですが、基本的にファイナンスに関わるツイートは注目を集めやすいようです。

FP2級や社会保険労務士、簿記はすべてお金が絡む内容だからです。

続いて第4位は以下のツイートになります。

やはりこちらも楽天ネタとなっています。

楽天はみんなが使っているせいか、お得度を少しでも増やしたいという思いからなのか鉄板のようです。

では誰も注目していないであろう、第1位ですが3つあります。

やはり鉄板のお金とポイントに関する話です。

ただポイントインカムのくだりが間違っており、ポイントタウンの間違いでした。

訂正します。

しかし金融系のネタは強すぎます。

仕事ネタもツイートしていますが、見向きもされません。

去年一番の流行りネタであるコロナのツイートが1位に来ました。

統計で今まで恐怖を煽っていた人々がどんな言い訳をするかと思ったら、マスコミ上から静かにフェードアウトしていました。

北海道大学の某教授は、夏以降テレビからなりを潜めていたのが印象的でした。

こちらも去年ホットな話題で容量実質無制限を謳い文句にしていた、どんなときもWifiの障害とその対応について述べたツイートになります。

恐怖系とクレーム系という人間の感情の激しいものが、1位に来るのはちょっと方向性を間違えると、自粛警察のようになりそうで怖いので今後は控えようかと考えています。

ツイートから見る世の中の興味


上記で書いたとおり、金融とくにお金増える系のネタが皆さんお好きなようです。

コロナ不況のせいもあるでしょうが、てっとり早くお金を手に入れるにはどうしたらいいか皆悩みは一緒のようです。

それと恐怖系とクレーム系は、人間のネガティブな情報好きという側面も醸し出していることがわかりました。

これらのツイートから、人間の欲望が垣間見えた気がしました。

ツイートの方向性


とはいえ楽天ネタだけのツイートでは、飽きが来てしまうので今後検討しているのはイオン系と銀行系のネタです。

これらは今後指摘事情で口座を開設予定です。

お得度を増やす施策を実践を通じてツイートしたいと思います。

まとめ


ツイートは人間の負の側面(怒り、恐怖)の内容とお金しかも短期的な収入に関するものが注目を集めました。

今後は他の分野(パソコン、心理学、事実の分析)などをツイートして、反応を見ていこうと考えています。

それに伴いプロフィールも書き換えたいと考えています。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました