群衆としての日本人

群衆としての日本人

未知のものに対して日本は驚くほど、対応が下手だ

日本人は未知のものに対する対応が驚くほど下手です。それは家父長制が蔓延しているからです。家父長制が蔓延すると、子どもの好奇心が失われ「何をやっても無駄」と絶望感に苛まれ、考えることを辞めるからです。本記事は筆者の事例と本の中から参考となる資料を上げて公開します。これを反面教師にして好奇心を持つようにしましょう。
群衆としての日本人

世論の言うことは無視して、今は逆張りで旅行にどんどん行くべき

コロナウイルスの影響で精神的に参っていませんか?この場合、引きこもると精神的にも良くないので健康に細心の注意を払って旅行に行くようにしましょう。意外に世論が言っているほど経済が停滞していないところもあるようです。引きこもると日本経済が停滞するので旅行に行って経済を活性化させましょう。
群衆としての日本人

暴力的な環境からは、学べることは少ないので逃げましょう

暴力的な環境で我慢していませんか?当記事では我慢した結果、抑うつになった筆者の経験から我慢して燃え尽きる前に逃げることを推奨します。抑うつになると多くの時間を後悔に使うことになり、辛い時間を長い間過ごすことになります。筆者のエピソードを見て若い人はこうならないようにしてください。
群衆としての日本人

日本の組織は不明点を聞きにくいので、向かない人は逃げましょう

年功序列が大きく出る組織で我慢していませんか?ここで無理をするとうつ病になって人生を棒に振る可能性が高まります。本記事は筆者の体験を基にそれでも年功序列組織が向いている方は勤め続け、嫌なら辞めるようにしましょう。会社の面接でこのようなことを聞けば、俗にいうブラック企業を避けられる可能性が上がります。
群衆としての日本人

日本は一気にステップアップできる環境です

まだゲームや音楽で消費していますか?日本ではそこそこ勉強する人がほとんどいないため、勉強をする習慣をつけると一気に上位にステップアップできます。ここでは日本株を例にとって説明します。このように日本では勉強すれば上位10%に入ることも夢ではありません。
群衆としての日本人

「自己責任」は当事者が思っているほど責任が重くない

世論が弱者を過剰に攻め立てて、「自己責任」の名の元に被害者に大きな心理的ダメージを与えられたことはありませんか?この問題については言葉の定義を明確にして、責任の所在を明らかにすることで対処できます。本記事ではそのことばの定義と、事例について内容をまとめました。この事実を盾に自分を守ることができます。
群衆としての日本人

日本は勉強をすることで、他国より有利になりやすい

日本人は勉強嫌いで、一方向しか物事が見えないため違ったやり方を試すことがしにくく、また読書嫌いなので能力の向上も図れません。このような人が圧倒的多数のため、恐ろしいほど多方面に勉強をすることで競争率の高い他国よりも有利に生活することができます。
タイトルとURLをコピーしました