家庭の経済

家庭の経済

それほど稼げなくても、上位所得10%に入る方法

貧困で苦しんでいませんか?筆者の経験から必要な要件を兼ね備えれば、上位所得10%に来ることができます。本記事では上位所得10%に来る方法を筆者の事例を交えながら、具体的な方法についてまとめていきます。簡単ですがこれで上位所得10%に来ることができます。
家庭の経済

時短家事道具の効果

時短家事を実践すべく、勝間和代氏が推奨する魚焼きのトレイを購入してみました。簡単ではありますが、効果について解説していきます。網を掃除するのとトレイを掃除するのでは自分の時間の確保という点では圧倒的に後者のほうが優れています。これを機会に購入することをお勧めします。
家庭の経済

電力、ガス会社は標準のものより安いところがあるので変えないと損します

まだ電力、ガス会社を変えていないのですか?ここでは電力、ガス会社を変えることでどれだけ価格を安く上げるか検証していきます。これによって電力だけでなく、ガス代も浮かせることが可能となります。長期で見ると価格の差は大きな節約になるので、会社を変えてみましょう。
家庭の経済

飛行場に近い観光地なら日帰り旅行がお勧めです

旅行ってお金がかかるのと、時間がないので行きにくいと感じていませんか?実は住んでいる所が飛行場からそれほど時間がかからず、観光地も飛行場から近い場合は日帰り旅行がお勧めです。土日休みの人は土曜日を使って日帰り旅行を満喫すれば、お金もそれほどかかりませんし翌日もゆっくり休めるので旅行の回数を増やすことができます。
家庭の経済

電力会社の選択は支払額で決めるのが一番安上がり

まだ最初に使っている電力会社を使い続けますか?電力会社は変えることで電気代を安くしたり、お得なギフト券をもらえたりするサービスがあります。ただ電気は死ぬまで使い続けるものなので選択には注意したいです。筆者の例を採用することで電気代は確実に安くなります。手続きも簡単なのでやらない手はないです。これで生活費が浮くのですから。
家庭の経済

洗濯と風呂を戦略的に使えば水道代は節約できる

水道代が高いと思ったことはありませんか?水道代で意外にかかるのはトイレで次いで風呂となっています。ここでは風呂と洗濯にスポットをあてて水道代を具体的に節約する方法を解説していきます。これを実施することで水道代の節約だけでなく、論理的に水道代を節約できるようになります。
タイトルとURLをコピーしました