家庭の経済

家庭の経済

【重要】風邪を引きにくくする方法

風邪を引きにくくする方法を知りたくありませんか?それには乾燥を防ぎ身体を暖める必要があります。ただし暑くなって汗をかいたらすぐに着替えることをオススメします。また残業は身体の抵抗力を弱めるため、仕事の生産性を極力上げて早く帰りましょう。これを徹底することで風邪は引きにくくなります。
家庭の経済

普通預金と定期預金の差と時間

今の状況で定期預金の必要があるか検討していきます。メガバンクは論外としてほとんどの銀行が金融緩和の影響で預金金利が0に近くなっています。このような環境の中で、少しでも金利の高い銀行に預けたいと思う人は多いです。そこで普通預金と定期預金の金利差と時間の利得を考えて、どちらの預金をしたほうが良いのか考えていきます。
家庭の経済

DINKS家庭の楽天買い回り戦略考察

楽天のお買い物マラソンはショップを買い回りすることでポイントがアップしますが、消費にあまり興味がない筆者は「何をそんなに買うのか?」といつも思っていました。そこで40代DINKSが考える買い周りで何を買ったほうがいいのか考察していきます。
家庭の経済

1日で世界のお菓子の店を何件回れるか試してみた

先日コロナで自粛の声が大きくなる中、店の中は空いていると推測して1日かけて東京にある世界のお菓子を食べてきました。日本を含めて8箇所(8カ国)のお菓子を食べたことになります。舌が甘ったるくなるかと思いきや、それほどでもありませんでした。全部違う国なので、写真と一緒にご堪能ください。
家庭の経済

収入の枝を増やす入り口にすこやかんぽは最適

収入の枝を増やしたいと思ったことはありませんか?当記事はその手始めとして歩行アプリである「すこやかんぽ」を使うことをオススメします。やり方は簡単で1日に9,000歩歩くことを1週間どのくらいできたかを計測するものです。この達成率が高いと、景品が当たる確率が高くなりゲーム性も高いのでやらない理由はありません。
家庭の経済

自分で旅行プランを立てられる人は週末パスが有利な理由

祭日を使って荷物を多く抱えずに、自分で旅行のプランを立てて連日違う場所に旅行するなら週末パスがお得です。自分で明確な旅行のプランを持っていてスケジュールも決めている人にとってこの週末パスはお買い得になります。筆者の事例を基に週末パスのお得な利用方法を解説します。
家庭の経済

電気会社、ガス会社の2社比較(どっちがお得か?)

筆者は電力会社とガス会社を1年に1度見直しています。ここ1年で電力、ガス会社を変えています。これらの固定費はエネルギーに関する時価が含まれているので、単純に比較はできませんがおおよその参考にはなると思います。こちらの記事を参考に電力、ガス会社を決めていただければ幸いです。
家庭の経済

年単位で貯金の施策(DINKS家庭の場合)

筆者の家庭は生活費を10万円ずつ折半で出しています。筆者はある程度貯金が溜まったとき、貯金の施策を変えました。本記事はその施策について述べていきます。この施策を取ると一見、手取り収入が増えた気になるので、貯金のモチベーションが上がります。あとは自己管理がしっかりしていれば、貯金体質になります。
家庭の経済

今まで入れた歩行アプリの内容を一旦整理します

歩くだけで、条件を満たせばいろいろなものを無料で手に入れられるアプリが沢山あります。本文はその中で筆者が使っているスマートフォンで効果のあったものを紹介していきます。意外に筆者の使っているものは対応しているアプリが少なく、現状は3つから5つ程度となっています。一旦ここまで判明している内容を記載していきます。
家庭の経済

先月の家計を振り返ってみる

筆者はなんとか契約社員で年収300万円で生活しています。ただし賞与はありません。今回は我が家の先月の家計を振り返っていきます。コロナと悪天候続きで今月と先月は家に居る日が続いていたため、支出が恐ろしく低くなっています。家に引きこもると精神的に病んでくるので、9月は少し大きめの出費を考えています。
タイトルとURLをコピーしました