労働経済

労働経済

20代できれば社会人になる前に覚えること

筆者は今40代ですが、年齢が若ければ若いほど覚えておいて損はない知識というのがあります。というのも40代になると記憶力や能力が低下し始めるからです。当然これらは思い立ったら始めたほうが良い知識ですが、若いうちから知っておくと、後々大きな差となって現れるので覚えておきましょう。
労働経済

ルーチン文書は入力を止めることで、仕事時間を減らして楽しよう

毎回同じ文書をコピー&ペースト、または再入力していませんか?その時間はもったいないので、パソコンのツールを使って入力を止めましょう。こうすることで、仕事の時間はより短くなります。1日のルーチン文書作成が何個も続くと、それだけで大きな時間短縮になります。パソコンという道具を使いこなしましょう。
労働経済

GoogleIMEと親指シフトの併用で作業効率はもっと上がる!

GoogleIMEと親指シフトの併用で作業効率はもっと上がります。当記事ではGoogleIMEの具体的な使いかたと親指シフトとの併用のタイミングについて解説していきます。熟練度によってGoogleIMEを導入して、打鍵数を圧倒的に減らすことで仕事は相乗効果により、作業時間がより減ります。
労働経済

親指シフトを使い続けた結果と課題

親指シフトを習得して1年経過した結果を報告いたします。結論は打鍵の数が約半分になったので、1時間2,000文字は単純に打鍵できるようになりました。意外と親指シフトは仕事の生産性が上がるにもかかわらず使う人がいないので他者との差別化要因になります。しかも教えても人はやらないので優位性は維持できます。
労働経済

自己啓発系のYouTuberの言うこととは別の側面を見るべき

自己啓発系のYouTuberの言うことを鵜呑みにしていませんか?本記事はこれらの意見を額面通りに受け取ることの危険性について述べていきます。筆者は元々天の邪鬼なので経済学と心理学の側面から、額面通りに受け取ることは危険と警告します。まずは一歩引いて冷静になってから行動に移しましょう。
労働経済

UIScopeのバイトの注意点

UIScopeはパソコンやスマートフォンでアルバイトするには、良いサイトです。ただし筆者が使ってみて不便に感じたことを述べていきます。この点に注意して使っていけばそこそこお金は稼げます。ただこの注意点が結構致命的な問題を抱えているので、個人的な感想を含め指摘しておきます。
労働経済

訓練で生産性が上がるソフトウェアを使うと他人と差をつけることが可能

パソコンを標準機能のまま使っていませんか?本文では訓練をすることで仕事の生産性を上げるソフトウェアの紹介と、訓練をしてでも覚えたほうが良い理由を挙げていきます。本分で挙げたソフトウェアを覚えることで、デスクワークの人は作業時間が恐らく1/3くらいに減少します。
労働経済

前向きな転職もタイミングが大切

転職を考えるとき、今の会社でやり尽くしたと考えて活動をしていませんか?実力をつけていても景気の波のタイミングを逃すと転職先で解雇、かつそのときには仕事がないといううれき目に遭いかねません。当記事はこのメカニズムについて解説して、転職の可能性を分析しています。この記事を読んで今転職すべきか判断するべきです。
労働経済

IT業界はオタクレベルでないと勤まらない

ブラックなIT企業でなく、ホワイトなIT企業に勤めたい方でも成功体験をして、そこからもっと勉強したいという強烈な思いがないとIT企業に就職してはいけません。プロフェッショナルの厳しさは日本の教育とは相性が悪いと筆者は考えます。日本の教育を適当に受け流して、その分野が好きな人はこの業界に入ることをおすすめします。
労働経済

会社は今後依存するより、使い倒すように思考を変えるべきだろう

会社に依存してリストラに怯えていませんか?当記事では筆者が2009年の不景気真っ盛りに解雇されてからの、会社に対する考え方と現在の仕事に対するトレンドを例に会社との付き合い方について述べていきます。多くの人がこの考え方に変わったほうが日本にとっても良いはずです。あとは考え方の切り替えができるかが肝となります。
タイトルとURLをコピーしました