労働経済

労働経済

自己啓発系のYouTuberの言うこととは別の側面を見るべき

自己啓発系のYouTuberの言うことを鵜呑みにしていませんか?本記事はこれらの意見を額面通りに受け取ることの危険性について述べていきます。筆者は元々天の邪鬼なので経済学と心理学の側面から、額面通りに受け取ることは危険と警告します。まずは一歩引いて冷静になってから行動に移しましょう。
労働経済

UIScopeのバイトの注意点

UIScopeはパソコンやスマートフォンでアルバイトするには、良いサイトです。ただし筆者が使ってみて不便に感じたことを述べていきます。この点に注意して使っていけばそこそこお金は稼げます。ただこの注意点が結構致命的な問題を抱えているので、個人的な感想を含め指摘しておきます。
労働経済

訓練で生産性が上がるソフトウェアを使うと他人と差をつけることが可能

パソコンを標準機能のまま使っていませんか?本文では訓練をすることで仕事の生産性を上げるソフトウェアの紹介と、訓練をしてでも覚えたほうが良い理由を挙げていきます。本分で挙げたソフトウェアを覚えることで、デスクワークの人は作業時間が恐らく1/3くらいに減少します。
労働経済

前向きな転職もタイミングが大切

転職を考えるとき、今の会社でやり尽くしたと考えて活動をしていませんか?実力をつけていても景気の波のタイミングを逃すと転職先で解雇、かつそのときには仕事がないといううれき目に遭いかねません。当記事はこのメカニズムについて解説して、転職の可能性を分析しています。この記事を読んで今転職すべきか判断するべきです。
労働経済

IT業界はオタクレベルでないと勤まらない

ブラックなIT企業でなく、ホワイトなIT企業に勤めたい方でも成功体験をして、そこからもっと勉強したいという強烈な思いがないとIT企業に就職してはいけません。プロフェッショナルの厳しさは日本の教育とは相性が悪いと筆者は考えます。日本の教育を適当に受け流して、その分野が好きな人はこの業界に入ることをおすすめします。
労働経済

会社は今後依存するより、使い倒すように思考を変えるべきだろう

会社に依存してリストラに怯えていませんか?当記事では筆者が2009年の不景気真っ盛りに解雇されてからの、会社に対する考え方と現在の仕事に対するトレンドを例に会社との付き合い方について述べていきます。多くの人がこの考え方に変わったほうが日本にとっても良いはずです。あとは考え方の切り替えができるかが肝となります。
労働経済

こんな仕事をしている組織は、上場企業でも働いてはいけません

大企業は資本金が巨大だから儲けていると思っていませんか?実は大きすぎる組織ゆえ、調整コストがかなり大きいので無駄な仕事が実は多いのです。しかもタコツボ組織なので、横の組織間の仲の悪さは天下一品でダメな部署が足を引っ張ります。自分が納得しない裁量権と無駄なことが多いと感じたら大企業であっても逃げてください。
労働経済

正社員で働くか非正規社員で働くか労働法規で考えて判断しましょう

正社員として働いていて無理ゲー感に悩んだことはありませんか?ここでは労働者を取り巻く労働経済について解説をします。優秀な人も、そうでない人も労働法規を覚えて損はありません。問題はこの法律を遵守するために正社員でやっていくか、非正規社員でやっていくか判断することです。事実を知って対策を練るのはいつの時代でも同じなので、戦略を練りましょう。
労働経済

素人は早めに労働法規と社会保険の勉強をしないと不景気時に絶望します

労働法規と社会保険について無知でいませんか?労働法規と社会保険について無知でいることは、事業主や国からやられ放題になることを意味します。ここで参考になるのは社会保険労務士の資格です。資格を取らなくても、基礎を覚えることでリスクを抑えた働き方ができるようになります。基礎を覚えることで逆に有利になることも可能になります。
労働経済

日本の競争戦略から日本の弱点を攻める

就職しようとしたときにどの業界に行くか迷っていませんか?実は日本では層が薄い業界が存在します。本記事ではマイケル・ポーターの「日本の競争戦略」から日本の弱点となる分野にスポットを当てて紹介していきます。該当する業界で勤め、上位に来れば鬼に金棒になる確率は高くなること間違いなしです。
タイトルとURLをコピーしました