労働経済

労働経済

セコ活と時間の関係を理解して、時間単価が上がったら卒業だ!

最初にお金を稼げない人は、当記事を読んでポイ活(セコ活ともいう)に励んでください。そしてこれに変わる時間単価を上げるものができたら、この作業は卒業してください。そうすることで時間単価をどんどん上げていくことが可能となります。
労働経済

アイデアを出すことと、アウトプットすることは時間差がある

毎日アイデアを出すには新しいことをする必要があります。しかしこの新しいことをブログなどにアウトプットするためには検証という時間がかかります。つまりアイデアを出すことと、アウトプットすることの間には時間差があり、これがブログのネタ出しに悩むことになります。
労働経済

Kindle出版は10日から14日でやるのがベスト

Kindle本の出版サイクルを考えたときに、10日から14日のサイクルで出したほうがベストです。理由は新刊を出したときKindle Unlimitedの売れる旬が10日から14日程度だからです。逆に考えると、このサイクルで常に本を出し続ければ、そこそこ知名度と本は売れていくようになります。
労働経済

副業の初期における稼ぎと赤字脱却までのストーリー

副業をするにあたって、最初の頃は赤字が続きます。これをどうやって解消するのか?またどのくらいの期間で解消するのか?まだ筆者はこの問題に到達していませんが、2年やってきた経験から考察していきます。リスク分散における考え方も取り入れて、解説していきます。
労働経済

40代は契約社員をしつつ、副業をするのがベスト

40代になって出世コースを外れた人やメンタルに不安がある人は、契約社員をしつつ副業に精を出すのがベストです。それは賃金が下がる代わりに、時間を買うという手段を取ることを意味します。当然本業は契約解除されないよう精進して、浮いた時間で副業に精を出すのがベストです。これが自由に生きる方法の一つです。
労働経済

ミスをしないようにする仕事と焦燥感の折り合い

仕事をしていると、焦燥感が強く出ることはありませんか?本文は焦燥感が起こすデメリットを解説して、丁寧に仕事を仕上げる習慣をつける方法を解説していきます。ただしこれはパソコンをメインに使った作業のため、他の業種に必ずしも当てはまるとは限りません。ただ参考にしていただければ幸いです。
労働経済

副業の枝を増やすときは、確定申告も考慮しよう!

副業の取引先を増やしてリスクヘッジをしたいと思いませんか?これを実行するには確定申告の面倒臭さをクリアしなくてはいけません。筆者は電子書籍の取引先を増やした結果、今年の確定申告は大変な思いをしました。今回手続きをしたことで、その面倒臭さを解決するためのノウハウを公開します。
労働経済

個人が東京通信に見る仕事のやり方改革

2021年2月21日がっちりマンデーの東京通信のビジネスモデルは個人でも十分使える内容です。それは3人でチームを組んで、約3日でゲームプログラムをリリースしてお金を儲けていることです。この体制で上場までこぎつけたのは、個人にとっても非常に勉強になることが多いです。この考え方を真似すれば、独立も夢ではありません。
労働経済

睡眠時間は多く取る科学的根拠は、若い時にやってはいけない

YouTubeや有名人が睡眠時間は多くとったほうがいいと言っていますが、それは歳をとってからは当てはまりますが、20代以下には当てはまりません。よく考えてみてください。発言や本を書いている人は30代以上の人です。本文では20代以下は睡眠時間を取るより、重要なことがあることを解説します。
労働経済

最初の会社に愛着持ちすぎると不幸になるので、割り切ろう

新入社員になったときに「せっかく苦労して入ったのだから、何年か頑張る」と考えていませんか?その考え方は危険です。なぜなら上司の質が悪ければ自分のメンタルを病むこともあるからです。メンタルを病むと治すのに何年も時間を取られてしまうからです。そうならないために、退職代行を使ってでも嫌なものからは逃げましょう。
タイトルとURLをコピーしました