電力会社の選択は支払額で決めるのが一番安上がり

家庭の経済

電力会社は自由化されたので、変えないと損をします


電力会社が自由化されて数年経ちましたが、まだ管轄の電力会社を使用している方は多いようです。

それは手続きが面倒ということと、年齢層が高い場合はネット環境を使いこなせていないという問題があるからです。

しかし今は管轄の電力会社よりお得なサービスを提供している電力会社も出てきており使わない手はありません。

なぜなら電気代が節約できたり、特典が得られるケースが多いからです


では電力会社を変えることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

それは例えば加入するとギフト券がもらえたり、契約しているグループ会社のカードのポイントに付与したりするサービスがあるからです。

もちろん純粋に電気代が安くなるというメリットも存在します。

これらの選択肢で自分に一番メリットのある電力会社を決めるのが最適です。

電力会社の比較をするには


とはいっても電力会社は星の数ほどあり、どの会社を選択したらわからないという方も多いと思うので、参考となるサイトを紹介します。

エネチェンジ

ここで今自分が使っている電力(KWh)を入力すると、最適な電力会社を紹介してくれます。

また電力会社の取次をやっているので、比較して新しいところに変えるときはこのサイトから申し込めます。

ただこのサイトのランキングは参考程度に留め、自分の基準を明確にして節約金額以外のメリットを考える必要があります。

筆者の例をとると使って縛りがある会社は、お勧めランキングにいくら上位表示されても選択肢から外しています。

それは電気代が割高だった場合にすぐにやめることができないからです。

電力会社のお得感


上記で書いたとおり、メリットは人それぞれなので一概には言えませんがポイントで支払う、よくそこの電力会社のグループで買い物をするなどの理由がある人はそういった選択をするのもいいかと思います。

生活の質の向上に対する考え方は人によって異なるからです。

では筆者の場合はどうなのか以下に解説します。

筆者の考える電力会社の選定基準


筆者の場合は純粋に電気代の支払いが安いだけ、かついつでも解約可能つまり何年縛りがない会社を選択しています。

なぜならば消費にあまり興味がないため、また電気代はよほどのことがない限り死ぬまで使用するので、長期的なコストを削減したほうが一番メリットがあると考えているからです。

それをエネチェンジのサイトで検索して、比較した中で一番安い電気代の会社を申し込んでいます。

ただ上記サイトの電気代シミュレーションには欠点があり、基本料金だけで比較しているようです。

電気代には基本料金と、使った分だけかかる1段から3段の料金が存在します。

基本料金が安くても、従量制の1段から3段料金が高いと損をしてしまうことがあるのです。

ちなみに1段から3段料金というのは以下の表になっています。

電力(単位:段)電力(単位:KWh)
1段1~120
2段121~300
3段301~

このような特徴と加入特典サービス(筆者のケースでは単純に値引き)を加味して、過去の消費電力(KWh)の平均を取り、何年で得するのか、損するのか自分の中でシミュレーションした上で決定に踏み切りました。

その結果管轄している電力会社(東京電力)より月額146.63円(1年で使用するKWhの平均を140KWhで計算)安くなりました。

これを年額に直すと1,759円割安になる計算です。

以上から電力会社は変えないわけではなく、1年に1回程度電力会社を見直すようにしています。

この間に新しい業者が参入して、もっと安い電気代にできる可能性が否定できないからです。

電力自由化に伴い電力会社を変えないと機会損失してしまいます


筆者の例を取るまでもなく、電力会社は変えることでメリットが増大します。

電気代は死ぬまで使い続けるものであるため、純粋にランニングコストが安い電力会社で1段から3段の料金が一番安く、次点では基本料金が安い会社を選ぶのが結果として最適ではないかと筆者は考えています。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました