貧困から脱出できない健常者中年が生活を改善する方法

貧困の経済

貧困から脱出するには計画が必要


貧困から脱出できない健常者中年が生活を改善するには、少なくとも以下のことをする時間を設けメモを頻繁に取る習慣をつけることです。

・自分自身を知ること
・自分の平日、休日のスケジュールを把握すること

最初の自分自身を知ることは、好きなことと嫌なことを選別する上でも重要です。

ここからスタートしないと始まりません。

次に自分の平日、休日のスケジュールを把握する必要があります。

スケジュール管理は勤め人なら当たり前の技術です。

これができて、無茶なスケジュールを押し付ける職場なら辞めて生活保護や雇用保険を受けつつ改善していけばよいのです。

ここで重要なのは、世間体を気にすると不幸になるということです。

この2つができていないと、脱出は不可能です。

凡人なら尚更です。

生活保護リアルから思うこと


Amazon Unlimitedに生活保護リアルという本があったので、買って読んでみました。

健常者で生活保護を受けている人のルポが載っていたので、読んでみました。

始めに就いた職業に問題がありますが、基本的にこうなる人は視野と好奇心がかなり狭いといえます。

これは筆者も経験したからわかりますが、日本の世論を気にしすぎて自縄自縛してしまうことが一番の問題だと思います。

これに対する考え方は、日本の世論はクソで聞くだけムカつくだけだから無視すると開き直ることです。

オススメは社会心理学や日本史の勉强をすることです。

世論はどこの国でもクソすぎて、耳に入れると病むので入れない方が幸せに近づけます。

自分自身を知ること


本題に戻りまして、貧困を脱出するには自分自身をよく知ることです。

いわゆる内観をすることです。

それには行動ダイアリーをつけることが一番です。

詳しくは以下の過去記事で載せていますが、次とも関係しますが1日の自分のスケジュールを書き、各行動に対して達成感と喜びを自己採点します。

やりたいことを増やしたいとき行動ダイアリーはかなり有効
人生を変える記録の力という本から行動ダイアリーという手法がありました。これは日々の行動を記録に取り喜びと達成感を数字化したものです。この数字が低いものはとっとと片付けるか、外注に出すか、辞める。数字が高いものは徐々に増やしていくと幸福度がアップします。

あまり深く考えずに採点をします。

そこで両者のポイントが高いものが、優先してやりたいことです。

毎日の自分のスケジュールを把握すること


これは日本の学校にも問題がありますが、自分のスケジュールを把握するということは思っている以上に重要です。

なぜならばスケジュールを把握できないと、ただ何となく1日を過ごしてしまうからです。

それは忙しい時期でも同様です。

ざっくりで良いので、1日のスケジュールを平日と休日とに分けて把握してみてください。

この2つを行い、嫌な時間を減らし好きな時間を増やすことが重要になってきます。

朝の自由時間を確保すること


会社勤めをしていると、必要以上に自分の時間を他人に捧げることになります。

また会社は通勤と仕事で心身を消耗するので、家に帰って自分が好きなことをしようと思っても疲れて何もできません。

会社に勤めるということは自分の時間を他人に捧げている」ことはかなり重要なことなので、頭に刷り込んでください。

この他人が外道の場合、とにかく脱兎のごとく逃げてください。

それから策は考えれば良いです。

他人に心身が削られない方法は、起床してから出勤するまでの朝の時間を少なくとも30分は確保することです。

筆者の日常は朝の4:15に起きて身支度を整え、4:30から5:30の間に電子書籍の作成やブログ、Twitterをしています。

この時間は自分の時間なので、1日1時間確保できれば、1年365日で365時間自分の時間に充てることができます。

ここに副業系で自分の好きなことをし、自己啓発で読書をするなど自己投資の時間に充てます。

決してゲームやLINE、テレビを見てはいけません。

この時間は苦労して自分の時間を確保しているわけなので、自己投資以外に充てると苦労が水の泡になります。

嫌なことを減らして、良いことをどんどんとり入れること


このようにして、自己投資をすれば良いことが徐々に増えていきます。

これとトレードオフして嫌なことを減らしていきましょう。

日々時間の見直しをして、この習慣を変えて行けば貧困生活を脱出するのも難しくはないでしょう。

まとめ


以上簡単ではありますが、まず最初に貧困から脱出するためにやるべきことを解説しました。

ここから脱出できない人は、親と社会から世間体という名の暴力を受けて抵抗力が落ちている人だと思います。

これに関しては冒頭で述べたとおり、世論はクソだと割り切ることです。

別にそれによって暴力を現実に振るわれるわけではないので、と気づくことが大切です。

それができたら、行動ダイアリーをつけて1日平日と休日を分けて、満足度と達成感を自己採点します。

また同様にスケジュールをメモ等に取って、把握します。

不満が多い場合は、朝に自分の時間を少なくとも30分確保します。

そこで自分のやりたいこと、自己投資を積極的に行います。

決して朝の時間を浪費してはいけません。

最初にこれを行うことで、少しずつ生活は改善していくはずです。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました