2021年1月の家計の結果と振り返り

家庭の経済

2021年1月の家計


2021年1月の家計の集計が終わりましたので、公開します。

こちらは夫婦2人の共同支出分になります。

家賃:110,500円
食費:37,197円
水道光熱費(12月分):9,341円
日用品費:2,049円
外食、娯楽費:3,113円
通信費:8,756円
計:170,956円

1ヶ月20万円以下であれば黒字(つまり夫婦で10万円折半)なので、この結果はかなり良かったと思います。

とはいえ、水道光熱費は楽天でんきでポイントを3,000ポイント充当していることもあり、安く上がっています。

自分の現金支出


ここからは筆者のプライベート用のお金の支出を見ていきます。

筆者は手取りが約20万円の給与で生活をしています。

この中で折半が10万円なので、残りの10万円を黒字にしなくてはいけません。

ではまず現金支出の分から見ていきます。

昼食代:20,671円
医療費:910円
その他支出:6,785円

今年の現金支出の予算は90,000円を予定しており、既に28,366円使っていますが、この内20,000円は電子マネーチャージで使用目的はまいばすけっとの買い出し(昼食代)に全部充てます。

そのため、次月からは現金支出が特別なことをしないかぎり減ります。

その他支出は、1月の月末に行った異国のおやつツアーの経費です。

異国のおやつツアー第二弾
異国のおやつ本にあるおやつを食べに東東京エリアのツアーを組みました。行ってみると、本とは事情が異なるところがあるので、今回は戸惑うことが多かったです。ただほぼ満足のいく内容で、実際に行ってみないとわからないことが多いのでこの経験は貴重でした。また第三弾も企画して当ブログで報告しようと思います。

他は散髪代の690円が含まれています。

ビックバス会計を早めにして、残りの期間はポイントを貯めてこちらで生活費を浮かせる算段です。

クレジットカード支出(個人使用分)


こちらは先月の支払い分の内訳になります。

・KindleUnlimited:980円
・寄付(ふるさと納税ではない):2,000円
・Booth電子書籍代:1,980円
・世界のおやつ代(合計):6,806円
・ココナラ(電子書籍表紙外注費):1,500円
・母の携帯代(12月分):2,467円
・フリーノ:20,000円
・お菓子(チーズ)代:1,000円
・プリンタ問い合わせ代:500円
・ケーキ代:3,240円
・新聞代:180円
計:38,653円

KindleUnlimitedと寄付金、母の携帯代は毎月出ていく金額で、貧困支援で寄付と母の携帯代は出しています。

KindleUnlimitedは月額980円で特定の本を読み放題なので、使っています。

続いてBoothの電子書籍代はふろむだ氏の学習本を買いました。

論文についての見方について、漫画チックに書いてあります。

世界のおやつ代ですが、こちらは12月に行った分の支払いになります。

1日で世界のお菓子の店を何件回れるか試してみた
先日コロナで自粛の声が大きくなる中、店の中は空いていると推測して1日かけて東京にある世界のお菓子を食べてきました。日本を含めて8箇所(8カ国)のお菓子を食べたことになります。舌が甘ったるくなるかと思いきや、それほどでもありませんでした。全部違う国なので、写真と一緒にご堪能ください。

フリーノはまだあまり使っていませんが、電子データとしてメモを残せる便利さから楽天ポイントを使って割安価格で購入しました。

お菓子とケーキ代は単なる趣味です。

特にケーキは先月からお酒の入ったケーキを、毎月少しずつ食べようと計画しています。

プリンタの問い合わせは、結局何も解決しなかったので浪費にあたります。

来月の家計で出す予定ですが、後継機のプリンタを買って対応しました。

最後の新聞代は、普段は日経新聞を楽天証券のマーケットスピードで見るのですが、12月30日付けのものに関しては、2020年の経済学書のまとめとしてトップ10というものを毎年やっています。

電子データではわかりにくいため、この日だけは紙の新聞を買っています。

貯金額


1月末の時点で自分の貯金額は65,230円になりました。

あくまで今年から始めた貯金という意味です。

目標としている60万円までは534,770円、70万円はさらにこれに10万円加算したものになります。

しかし実際はこの貯金額に翌年用の確定拠出年金代144,000円と来年の現金予算90,000円を加えた234,000円が貯金額に加わります。

2月の目標


2月はクレジットカードでかなりお金を使ってしまったため、ほとんど貯金できない予定です。

なぜならば、上記のプリンタと格安のパソコンを高速化実験用に買ったからです。

この結果については1ヶ月後にまた報告いたします。

とりあえず貯金がプラス1万円から2万円できれば御の字です。

年の前半はお金を投資に回して、4月の連休から年末にかけては節約ライフに切り替える予定です。

まとめ


今月から楽天でんきの支払いをポイント支払に変更したこと、個人の貯金としてはまあまあ出来たことが挙げられます。

今年はお金の使い方にメリハリをつけて、使うべきタイミングのときはきっちり投資する。

使うべきタイミングでないときは、おとなしく引きこもる。

これを徹底しようと考えています。

そのため4月頭までは、貯金はあまり意識せずそれ以降は質素倹約に勤めたいと考えています。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました