2021年9月の家計の結果と振り返り

家庭の経済

2021年9月の家計

2021年9月の家計の集計がほぼ終わりましたので、公開します。

9月の家計簿ができましたので、公開します。

こちらは夫婦2人の共同支出分になります。

家賃:110,500円
食費:48,098円
水道光熱費(9月分):未定(ガス代が入り次第ご報告します)
日用品費:4,094円
通信費:5,767円
外食費:7,450円
計:175,909円

今月は支出が約18万2,000円となっています。(ガス代3,000円を想定)

外食は自由が丘の栗歩という店で、高級モンブランを食べたためです。

個人的に理想とする月額費用は175,000円から180,000円の範囲に毎月抑えることです。

これであれば年間約24万円から30万円貯金できる計算になり、数年で引っ越し費用を貯められるためです。

自分の現金支出


ここからは筆者のプライベート用のお金の支出を見ていきます。

筆者は手取りが約20万円の給与で生活をしています。

この中で折半が10万円なので、残りの10万円を黒字にしなくてはいけません。

ではまず現金支出の分から見ていきます。

医療費:850円
埼玉旅行のお土産代:710円

現金は通院の定期支出と、寄居旅行のみかんバウムとみかん緑茶の代金です。

これだけは現金決済だったので、仕方ありません

埼玉旅行に関しては下記参照。

【予算5,000円旅行】埼玉県日帰り編
埼玉西部日帰り旅行 先日予算5,000円で埼玉の西部へ日帰り旅行をしてきました。 西部に行った理由は簡単で、のんびりホリデーSuicaパスというJR東が出している特殊なサービスで行き放題の一番果てが、埼玉県の寄居という駅だっ...

クレジットカード支出(個人使用分)


こちらは先月の支払い分の内訳になります。

・KindleUnlimited:980円
・寄付(ふるさと納税ではない):2,000円
・母の携帯代(8月分):5,548円
・ココナラ外注費:2,010円
・ライフお菓子代:257円
・埼玉旅行代:4,258円
計:15,053円

KindleUnlimitedと寄付金、母の携帯代は毎月出ていく金額で、貧困支援で寄付と母の携帯代は出しています。

KindleUnlimitedは月額980円で特定の本を読み放題なので、使っています。

ココナラは電子書籍の外注費となります。

埼玉日帰り旅行はほとんどがクレジットカード決済可能だったため、意外にこの月はお金を使っていません。

強いて言うなら、なぜかライフで無性にお菓子が食べたくなったので250円程度を浪費してしまったことです。

貯金額


今年分の折半分(10万円)を入れたので、ここからは貯金をどんどんしていきます。

現在の貯金額は228,936円となっています。

前月と比べて貯金額がそこそこ増えました。

10月は8月、9月に使用したクレジットカードのお金をまとめて入れます。

それでもこの2ヶ月はそれほど使わなかったため、目標としている60万円貯金はかなり近づいたといえます。

11月は給与の全額をイオン銀行の貯金に充て、12月に10月と11月分が使ったクレジットカード決済分を支払います。

更に12月は現金もある程度引き落とすため、その残金で貯金額が確定します。

12月のクレジットカード決済は1月以降に確定するので、こちらは今年の貯金額には影響を及ぼしません。

10月の目標


10月は食欲の秋ということで、小旅行1回と栗三昧のグルメツアーを個人旅行として計画しています。

既に来年の手帳とカレンダーを10月に購入して、10月はかなりの出費になる予定です。

まとめ


9月は電子書籍2冊出したものの、売上は不振で文章の書き方やニーズを再考するときに来ています。

10月はグルメの秋ということで、美味しいものを食べに関東近辺を散策してきます。

更に昔やりたかったけれどもトラウマになっていた、プログラミングを独学で再開しようと考えています。

使う言語は器用貧乏なところがあるPythonです。

インフラシステム→COBOLと自分の目指していたものと異なることをやっていた後悔が少しあり、学生のときにやりたかったことが、中年になってできるのかも含めて少し勉強する予定です。

プロの方は詰めがキツイので、あくまで趣味としてやっていく予定で仕事にしていく予定は今のところありません。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました