声の大きい人が幾重にも叫ぶと、世論は同調する

社会心理学

フィクションと現実がわからない人


日本の世論には以下の特徴があるようです。

・第三世界(アフリカや南米、中近東)の詳細に関心がないし、報道もほとんどしない
・フィクションと現実の区別が軽微なフィクションなら認識できない
・声を大きくして世論を変えるような人は1%程度で、その人が発言の2割を占めている
・上記の1%の人の影響力が回りに感染する
・更に上記の人は会社でいうところの管理職系の人が多く、いわゆる高所得者

そもそも日本人は年功序列のシステムがあるため、いくら崩壊寸前とはいえ人の考え方まで変えるには至っていないようです。

ゆえに勉強しない管理職の人が、声を大にしてフィクションと現実がわからない人ではないかと推測されます。

【送料無料】 ツイッターの心理学 情報環境と利用者行動 / 北村智 【本】
created by Rinker

日本人が学生のときに勉強する人が少ないことは以前に解説しました。

日本は勉強をすることで、他国より有利になりやすい
日本人は勉強嫌いで、一方向しか物事が見えないため違ったやり方を試すことがしにくく、また読書嫌いなので能力の向上も図れません。このような人が圧倒的多数のため、恐ろしいほど多方面に勉強をすることで競争率の高い他国よりも有利に生活することができます。

これはたった数年前の調査で、この体たらくということを忘れてはなりません。

こういった人の大半が大人になるのです。

この現象は今に限ったことではありません。

大正時代に学生をしていたときから、この傾向はありました。

「月給100円サラリーマン」の時代 戦前日本の〈普通〉の生活/岩瀬彰【1000円以上送料無料】
created by Rinker

元々日本は少数の頭の良い人と多数の勉強嫌いの人に分断された社会といえます。

日本では声を大にしてわめき散らかす人が政治にも影響する


某プロレスラーが自殺した問題で、ネットの誹謗中傷が酷いことを述べていましたが、上記にあるとおりそれをしているのは、SNS利用者のたった1%で発言の2割を占めています。

しかし当事者は、この声がかなりの大人数が非難していると錯覚してしまうため、精神的に追い詰められてしまいます。

これは人間というより動物としての本能なのでしょう。

目には見えないが、回りに狼が沢山いるような環境にいたら精神的なプレッシャーは相当なものです。

それが現代ではSNSとなっています。

このことは政治の世界でも言えます。

日本はマイノリティいわゆる声の大きな人がロビー活動をすることで、政治自体も動かしてしまいます。

因みに貧困層は日常の生活に追われて、声を張り上げる暇がありませんので社会的には世間から無視されています。

ゆえに声を大きく張り上げるのは、ある程度生活に余裕があって時間が取れる人、年功序列で多少暇になった管理職あたりになると推測されます。

どのような人が大声でわめき散らかしているのか


ここまで述べてきたとおり、大声で喚き散らしているのはいわゆる管理職くらいなので、40代から50代の比較的裕福で時間に余裕がある人と推測されています。

意外にこのくらいの年代になってくると、説教が好きな人が多いのではないでしょうか?

これが仕事だけならともかく、ネットの世界で「自分の中の正義」を駆り立てて、多数発言すると他人を精神的に追い詰めるまで、発言をしてしまいます。

Twitterの内容を見ていると、若い人の発言はノリが軽く「自分の中の正義」で説教しようという考えに至りません。

10代や20代は遊び盛の年齢でもありますし。

人間の不思議なところ


「女帝小池百合子」に書いてありましたが、我々が知らないし、関心もないところでその国の東大と呼ばれるようなところを卒業と偽っても、世間は疑いの目を持たないことが本人からわかっています。

女帝 小池百合子 [ 石井 妙子 ]
created by Rinker

あとでマスコミを丸め込ませれば、世論は完全に信じ込んでしまいます。

ネットで冷静に批評している人の声、つまり影響力はごくわずかで一番強い影響を持つのが「ワイドショー」となっているところです。

ネットよりも、まだまだテレビの影響力のほうが強いというのが現状のようです。

そういえば、勝間氏もDaiGo氏も今はYouTuberをやっていますが、昔はテレビで知名度を上げていました。

一度何かしらの好印象でテレビに出ると、他メディアでもフォロワー数が激増するのはそれだけ影響力の強いメディアということなのでしょう。

そして堀江貴文氏も言っていましたが、事実は少ない人が大声で対象者を常にバッシングしているだけですが本人にとっては精神的にきつく感じてしまうという現象が起こってしまいます。

炎上については、有名人がこのことをもっと勉強すると悲劇は少なくなるのではないかと考えたりします。

まとめ


SNS等で炎上させる人というのは「社会的地位が比較的高い人」で全体の約1%で発言が2割を占めています。

また世論は疑うことを知らないので、第三世界でいくら優秀と吹聴しても、マスコミが大きく取り上げない限りは人を騙し続けることは簡単だったりします。

SNSで攻撃された人は、実際は攻撃している人はごくわずかの人にも関わらず、自分は大人数から批判されていると錯覚する。

頭でわかっていても、心のダメージを受ける。

有名税はこれらのことを熟知した上で、手に入れないと豆腐メンタルでお金を稼ぐ人はしんどいと思います。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました