セコ活と時間の関係を理解して、時間単価が上がったら卒業だ!

労働経済

お金がない人はセコ活がオススメ


お金がない人はセコ活(ポイ活ともいう)をすることをオススメします。

これはゲームやテレビ視聴をするよりも、時間を使ってポイントを稼いでいるからに他なりません。

筆者もやっています。

ではどんなことをやっているかまとめました。

・毎日
 1.朝に楽天ポイントスクリーン
     楽天ポイントクラブ
     e-naviのショッピングの広告クリック
     楽天検索
     アンとケイトで2択アンケートを1問答える
     Powlで2択アンケートを5問答える
 2.昼に楽天ポイントスクリーン
     Powlで2択アンケートを5問答える
 3.夜に楽天ポイントスクリーン
     Powlで2択アンケートを5問答える
     歩行アプリCokeOnの歩数を計測
          すこやかんぽの歩数を計測
          健康第一の歩数を計測
          コインやの歩数を計測
          WalkCoin歩数を計測
          RenoBody歩数を計測
          トリマ歩数を計測
          楽天シニア歩数を計測
          SPOBY歩数を計測
          DIETBOX歩数を計測
・月末
 1.e-naviで広告をクリック(約20件)
 2.楽天銀行で広告をクリック(こちらはポイントではなく現金が約6円入ってくる)
 3.携帯のBraveブラウザからビットコインを入手

時間に直すと以下になります。

朝の時間:約7分
昼の時間:約3分
夜の時間:約12分

月末:約10分

これで色々なポイントが手に入ると思えば安いものです。

上記は全部楽天検索、楽天銀行、e-navi以外は携帯で作業をしています。

時間単価との天秤にかける


これに慣れてきたら時間単価の高いものと、天秤にかけます。

上記の作業は大した時間ではないですが、それでも22分毎日使います。

これを他に高い金額で代用できるものがあった場合、乗り換えを検討することをオススメします。

当然理由はポイントより、割がいいからに他なりません。

時間単価がセコ活を上回ったら卒業する


筆者はまだこの領域に達していないため、時間単価がセコ活を下回っています。

しかしこれが上回るようになったら、早々と卒業したいと考えています。

それが現在もコツコツ続けている電子書籍となっています。

まとめ


筆者の事例を基にセコ活のノウハウを公開しました。

基本は以下の3つを活用しています。

・楽天の無料ポイントサービスアプリ
・2択アンケート
・歩行アプリ

読者の皆さんはこのセコ活にとどまっていないで、もっと先に進んだほうができることも増えるため、時間単価を上げていくことをオススメします。

そうすることで生活も段々楽になっていくからです。

筆者も電子書籍を高速で回して、黒字化を目指したいと考えています。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました