ポイント活動(いわゆるポイ活)の時間単価を上げる方法

家庭の経済

ポイント活動(ポイ活)とは


先日「マツコの知らない世界」でポイント活動(以下ポイ活)の特集をやっていたので、筆者がやっていることと考えていることを提示していきます。

ポイントは現金の代わりになるもので、以下のことをすることでポイントを貯めて現金と同様の効果が得られます。

・公共料金の支払い
・ふるさと納税
・場合によっては家賃の支払い
・ネット通販

この他にも以下のことでポイントが貯まります。

・店やコンビニに入る
・歩く
・暇つぶし

ただし基本は巨額の買い物をしないと、ポイントは貯められないということです。

ゆえに筆者のようにあまり消費に興味がない人は、ポイ活に向かないとされています。

前提読者


筆者は以下の生活をしています。

・未知のことは無料のものからやる、次に有料のもの
・基本的にポイントより生活コストが下がることが優先
・昼食は一人で自席にて食べる
・携帯が会社連絡用とプライベート用と兼用
・生活費は基本的にクレジットカード払い

メインは楽天


筆者はクレジットカードを2種類しか持っておらず、それが楽天カード(無料のもの)とヨドバシカードしか持っていません。

ただし支払いは全部楽天を使っています。

電気代はジャストエネルギージャパン、ガス代はレモンガスを使っています。

ただ電力自由化に伴い、電力会社は自由に切り替えられるので、ある程度成果が出たら違う電力会社に乗り換えようと考えています。

それが楽天でんきです。

ガス会社はあまり選択の余地がないため、比較した中で最安値のレモンガスを使っています。

以上水道光熱費をすべてクレジットカード払いにして、食費もほとんどクレジットカード払いとなっています。

当然ですが、楽天経由で買うときは画面右上のハピタス経由で買ってポイントを2重取りしています。

楽天で買い物をするときも5頭日や、お買い物マラソンのときを狙って買います。

上記ハピタスとの相乗効果ももちろん狙います。

スキマ時間に稼げるポイ活


今筆者がスキマ時間に稼いでいるポイ活が、昼は楽天スーパーポイントスクリーンを使っています。

昼休みの5分程度は携帯で相場を見つつ、ついでにこのスーパーポイントスクリーンを使ってポイントを4~5ポイント貯めてます。

スーパーポイントスクリーンはスマートフォンのアプリケーションをインストールして、広告を数秒みるだけでポイントが手に入るので、何かのついでに見るというのがベストといえます。

全部で4~5ポイントですが、1,2分で完結するのでそれほど手間ではありません。

また家に帰ってパソコンをするときは、どちらにしても検索エンジンを使うので、楽天検索を使ってキーワード検索をしてポイントを稼いでいます。

この2つのポイントを合わせると、5~10ポイント程度入るので1ヶ月毎日続ければそれなりのポイントが手に入ります。

検討していること


「マツコの知らない世界」では運動でポイントがもらえるアプリがあるらしいので、今使っているスマートフォンのバッテリーを少しでも長く持たせたい筆者にとって嬉しいニュースが入ってきました。

それが楽天モバイルです。1年間無料のためスマートフォンの新しい可能性を1年で実験するにはちょうど良い端末です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【事務手数料3300円相当ポイント還元中】Rakuten UN-LIMIT
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/7/31時点)

とある動画で楽天モバイルは、無料の最終期に買ったほうが良いとの情報を得たので、そのタイミングを狙ってこのスマートフォンを買い、色々とポイ活やお金を貯める方法、アプリの研究などをしていきたいと考えています。

要するに使い潰し用のスマートフォンとして楽天モバイルを使うわけです。

ポイントを何に使うか?


今のところポイントは、玄米を買うことと、本を買うときに多少割引価格を使って買っています。

新刊でかつ電子書籍に適さない本は、楽天で買ったほうがお得だからです。

この2つをメインにしていますが、そろそろ楽天証券のポイント投資に目を向けてポイント投資をしていきたいと考えています。

今は不景気の底とは言い難い状況なので、コロナ第2派はくると踏んでキャッシュポジションを大きく積み増しています。

まとめ


筆者がやっているポイ活は大したことがありません。

・楽天スーパーポイントスクリーン
・楽天検索

この2つがメインですが、今後は楽天モバイル無料の1年を使ってスマートフォンを徹底的に使い潰す計画で、その中に新しいポイ活も含まれています。

ウォーキングや運動、早起きなどで何かが手に入るかもしれません。

その可能性とリスクを抑えたのが楽天モバイルといえます。

2台持ちで1台は、ほぼ仕事のポイ活ように使わせて今後の報告用にさせていただきます。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました