年収180万円同士のライフプランを計画してみる

貧困の経済

年収180万円同士の夫婦生活をシミュレートしてみた


以前年収180万円の生活について述べました。

実際筆者はこの年収から結婚して、収入も上げています。

年収が180万円くらいなら結婚したほうがいい理由
年収が低いからと言って人生諦めていませんか?高望みをしない結婚をすれば生活の水準は上がります。それには根拠もあります。やり方を間違えなければ現状より良くなる可能性は高まります。本記事を読むことで男女ともに結婚の価値観が変わるようになるでしょう。

家計簿については以下参照。

ただし当時と比べて社会保険料は上がっているので、手取りはもう少し減るはずです。

パート時代の家計のやりくりを公開します
年収が低くてもやり方次第で貯金できます。本文では筆者が実家にいてパートで働いていた時の家計を公開します。実家暮らしといえども収入の半分は家に入れていました。今の生活を考えるともっと節約できたし家にお金を入れることもできたと後悔しているくらいです。本文を読んで貯金と投資をうまく使いわけてください。

年収180万円ということは社会保険料その他諸々控除されて、可処分所得は大体144万円になります。

夫婦でこの年収の場合、可処分所得は2倍になって約288万円となります。

これを月額に直した場合、月の生活費は約24万円になります。

2人で24万円の生活費であれば、やり方次第では十分生活できます。

この企画をした理由


先日Google Search Consoleの上位クエリに「年収180万円 結婚」で当ブログを見ている方がいたので、その後の企画をした次第です。

1人が月12万円しか稼げなくても、2人なら月24万円で生活できます。

そして生活費は倍にはならないという点が重要となります。

ただこの生活を成り立たせるには、以下の前提条件を満たす必要があります。

前提条件


マネーリテラシーと情報リテラシーがある程度高いこと。(できれば夫婦ともにこの状態であれば理想)

かつ借金を双方していないことです。

車は特に必要ありません。

筆者は関東に住んでいて、上記条件を満たしていました。

結婚はしても問題はありませんが、子どもは所得が増えない場合は絶対に作らないでください。

子どもを1人でも作ると生活は破綻します。

そして貧乏になって、背水でやる気がアップする人が理想です。

家計簿


それでは手取り24万円でどういった生活が可能なのか検証していきます。

費目金額
給与240,000円
家賃80,000円
水道光熱費10,000円
食費40,000円
日用品費5,000円
確定拠出年金10,000円
お茶代650円
携帯利用料2,200円
投資(月額)2,000円
Wifi代4,000円
交際費10,000円
医療費2,000円
旅費10,000円
貯金64,150円

夫婦でこのシミュレーションであれば、月6万円程度貯金ができます。

使う携帯は楽天モバイルで、確定拠出年金は最低拠出額の5,000円を夫婦で拠出します。

旅費を入れていますが、筆者は月額費用5,000円で日帰り旅行ができるか検証する記事も書いています。

こちらも参考にすると、経験値は増えるのでしたほうが良いです。

逆に交際費はオンライン化しているので、削減して歯医者対策で医療費を積み上げた方がいいかもしれません。

銀行は金利が高いオンライン銀行を使います。

オススメは楽天銀行か、イオン銀行です。

どちらも普通預金が0.1%の金利が付きます。

ただしどちらも条件があります。

楽天銀行は証券と連携すること(マネーブリッジの要件を満たすこと)で、イオン銀行はステージを一番上まで持っていくことで可能となります。

イオン銀行のステージは4つあり、一番上が0.1%の金利となります。

このステージ達成にはいくつかの要件を満たす必要があります。

てっとり早いのは、積立投資をして点数を稼ぐことですが確実性はないので、他も使って補完します。

借金も要件の1つになっていますが、この所得で借金をするのは自殺行為なのでやらないようにします。

これで成り上がるには?


当然この現状では生活は苦しいので、対策を施します。

月に50,000円以上貯金できるのであれば、まずキンドルを購入します。

そしてUnlimitedに加入します。

キンドルUnlimitedは月額980円で電子書籍が読み放題のサービスなので、ここで読書に時間を投資します。

そしてメモリ8GB程度の安いパソコンを購入します。

最初の3,4ヶ月は投資フェーズと割り切ります。

年収180万円であるということは、働いている時間が短いことが想定されていますので、余暇時間を使って以下のことを色々試してみます。

・ブログ
・電子書籍出版
・YouTube
・音声コンテンツ

全部やる必要はありませんが、無形資産は蓄積されていくのでやらない手はありません。

そして始めたら、時短家電を徐々に導入します。

こういったことは、情報リテラシーやマネーリテラシーを上げることで成り上がることは十分可能です。

そして生活水準を上げないで、収益を上記の無形資産を使って増やしていきます。

投資においては、アメリカ株関連の投資信託をコツコツ貯めて買い、腕に自信がある場合は短期で日本株の売りを使って儲けます。

今のところこれが一番ベストな投資手法だと考えています。

まとめ


年収180万円同士が結婚しても、マネーリテラシーと情報リテラシーが高い人の場合は十分生活できると筆者は考えます。

ただしこれには条件があって、子どもを作らないことが大前提となります。

夫婦2人だと生活費も余裕が出るので、月1回程度日帰り旅行をすることは十分可能です。

上記で述べたとおり、生活の余剰金は最初投資にある程度お金を回して、収入を増やすように背水で臨みます。

これで最初は生活が苦しいですが、徐々に楽になっていくはずです。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました