品質にこだわりがなければ、従量課金の楽天モバイルは買い!

家庭の経済

先日発表された楽天モバイルの料金設定は買い


去る2021年1月29日に楽天モバイルの新料金プランが発表されました。

内容は従量課金制となっていて、月に使うデータ使用量が以下の場合の料金体系です。(月額。すべて税別)

・1GB以下:無料
・1GB超3GB以下:980円
・3GB超20GB以下:1,980円
・20GB超:2,980円

1回線の場合となっています。

2つ以上持つ人はまた料金体系が異なります。

2~5回線までの方は1GBまでの無料が980円に変わります。

つまり3GBまでは月額980円で、後は1回線と同じ料金体系となります。

概要


料金プランについては上記で述べたとおりですが、楽天はまだ300万人までの契約に達していないため、あと2ヶ月間は1年無料期間が継続するものと思われます。

また去年の4月からUnlimitedV、つまり1年無料期間後に月額2,980円の予定だった人も、自動的に上記料金に変わるため手続き等の面倒なことはしなくて良いようです。

これらの料金が適用されるのは、4月1日からになります。

更に楽天ポイントも1倍つく


さらに楽天モバイルはポイントが1倍つきます。

これに加えて、期間限定ポイント含めてポイントを支払金額に充当することも可能です。

これを考えると、多少品質に目を瞑っても元は十分に取れます。

ただしこれだけのサービスをしているため、新しい情報には目を光らせていないと、いつこの価格破壊サービスが終了するかわからないので楽天モバイルのプレスリリースには注意しておきましょう。

ちなみに楽天モバイルのサイトから以下の紹介コードを入力すると、楽天ポイントが1,000ポイント付きます。

自分に楽天モバイルを当てはめたとき


筆者が楽天モバイルを使うときは仕事用とプライベート用、実家の母用の3台を使います。

仕事用を1台目として利用して、通信量を抑えます。

これで1台目の利用料を0円に抑えます。

次にプライベート用をアプリの実験用として活用します。

こちらは多く使っても月額3GB以上を使うことはまれなので、なるべく月額980円に抑えます。

実家の母の携帯は家族と連絡を取る以外は、基本的に使わないのでこちらも月額980円に抑えて家計の助けとします。

まとめ


これまではauのpovoが一歩抜きん出た料金体系でしたが、楽天モバイルは更にその上を行きました。

ただしかなり無理をしているといえなくもありません。

つまりサービスの質がいつ落ちてもおかしくないと、逆に考えることができます。

このため、新しい情報には常に目を光らせていざというときに素早く対応できるようにしておくことも肝要かと思います。

楽天のサービスが充実しているときは、徹底的に使い倒していくことをオススメします。

是非上記の紹介コードを活用して、ポイ活も充実させてください。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました