希少な行動をする理由

社会心理学

なぜ希少な行動をするのか?


なぜ希少な行動を取るかというと、大多数の人がやっていることは価値がつきにくくなるためです。

そのため少人数の人がやっていることをチャレンジすることで、行動をした人はその行為に価値がつきます。

ただしその行動にある程度の集客性がなければなりません。

なぜなら誰も注目されない行為はいくら希少でも価値を生み出さないからです。

希少性とは


希少性とは文字通り手に入れようとしても数に限りがある、または時間に限りがあり手に入りにくい状況を指します。

具体例(絵画の場合)


希少性の一番の例は絵画が有名です。

なぜなら作者が唯一無二の作品を作っているからです。

この作者が死亡して、年数が経てば経つほど希少性は上がります。

これは以下の理由によります。

・死亡によって作者の作品がもうつくられることはない

・経年によって贋作も出回る確率が上がるため

・経年によって作者の作品が紛失もしくは消失して、更に価値が上がる可能性が高まるため

このような理由から、昔の人の作品は本物かどうか見抜くのが難しく、本物の信憑性を担保する情報が複雑なため価値が上がるからです。

絵画の例から行動も同様


以上絵画の例を取り上げましたが、これは商品だけでなく行動についても同様なことが起こります。

例えば本をまったく読まない人が大多数の場合、1日に1冊読むと1年で365日分の知識の差が出てきます。

これを努力と呼ぶ人は多いですが、まずは希少な行為を徹底することでその分野において上位につくことができます。

そこに価値が見いだせればお金が動くこともあるのです。

結論


総括すると社会的弱者は希少な行動を取ることで、価値を生み出しそこから生活の基盤を整えるのが近道なのです。

それは情報機器端末を使いこなすだけとは限りません。

重要なのは自分の得意分野で上位を取るように力を集約することです。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました