筆者の自宅のランニングコスト

家庭の経済

家庭でかかるお金をいかに節約するか


一旦月額でかかる固定費を整理したいと思いまして、備忘録でまとめたいと思います。

一番のネックが家賃になります。

妻が新築信仰なので、どうしても割高になってしまいます。

給料の25%はやや高めです。

こちらの本音はボロ屋で家賃45,000円程度の家を借りて住めば、貯蓄率が劇的に上がるはずです。

何と行っても5万円の差はかなり大きいです。

他のランニングコストについて見ていきます。

通信費


WiFiはとくとくBBを、携帯は楽天モバイルを使っています。

楽天モバイルは一年無料のため、今は歩行アプリを中心にガンガンに使っています。

WiFiが契約してあと1年で2年になるため、品質と価格がお手軽なものを探し続ける予定です。

楽天モバイルは実家用も含めると、4月からのUnlimit6はかなりお得ですが、楽天はポイント付与の程度をジリジリと下げているのが気になります。

そのため楽天モバイルの動きについては細心の注意を払って、改悪が出たら早めに撤収できるようにはしておきたいところです。

水道光熱費


水道光熱費はクレジットカード決済をしており、水道代は固定費のため動かせませんが、電気代は楽天でんき、ガスはレモンガスを使っています。

楽天ガスを使わなかった理由は以下になります。

・レモンガスのほうが5%程度安い
・ガス代を楽天ポイントで充当するほどポイント長者ではない

この2点が決め手となってレモンガスを継続して使用しています。

楽天でんきは入ったタイミングが良く、今は新規募集を停止している状態です。

仕事で出勤時間が変わったことで、電気代が若干高くなったため、楽天のポイント支払はかなり有効に使わせてもらっています。

家賃


冒頭で述べましたが、家賃がかなり高いです。

職場への電車が始発から乗れるところなので、この近辺に住むのがベストだとは思っていますが家賃が高いので、これを何とかしたいと考えています。

貯金生活が難しいのはこれが原因です。

家賃系に関する動画やブログを今後参考にしようと思っています。

人の心がわからないと副業も難しい


副業をしていますが、今の所アフィリエイトをくっつけるような買い物はしていないです。

これについては検討の余地がありますが、一つ欠点があって筆者は人のニーズが読めないことです。

日本人=相撲部屋のイメージが強く、ジャイアンのような人たちにものを売ることができるのか、甚だ疑問に思っているので、アフィリエイトは難しいのではないかと思っています。

そのため自分がやって面白かったことを電子書籍にして、コツコツ販売しています。

BoothやBookWalkerが有益かと思いましたが、どうやら違うようで、Amazonの独占販売と今天秤にかけているところです。

学習能力の問題か?


読書をしていますが、いっぺんに覚えられないため品質を上げることができません。

成功者の学生時代のエピソードを拝見すると、大体が学校は不真面目に受けて教師のいうことはまったく聞いていなかったという人が圧倒的多数です。

ここが筆者と成功者を分かつところではないかと考えています。、

まとめ


今のところ、貯金生活は家賃がネックになっていて多く貯めることが出来ません。

通信費については、改善の余地があります。

水道光熱費については、調べてみましたが楽天経済圏を使っている場合でかつ、在宅や早出出勤が当たり前になっている今は楽天でんきが一番優位です。

それ以前の勤務内容であれば、シン・エナジーが優位だったのですが、もう後戻りはできなさそうです。

副業に関しては、人のためにプラスになることやマイナスを0にすることを書くといい、といわれますがこれが筆者にはよくわかりません。

そのため、怠惰になる方法を模索していて近日パソコンの作業効率を上げる本をAmazonで実験的に出す予定です。

とりあえず、収入を増やすため色々なことをやってみたいと思っています。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました