副業の枝を増やすときは、確定申告も考慮しよう!

労働経済

副業の枝を増やしたい場合は、確定申告も考慮しましょう


筆者はビジネス系のブログや動画を見て、手探りで副業を始めました。

電子書籍でそこそこの収入を得ましたが、リスクヘッジのため電子書籍の取引先を増やしたところ、確定申告で各取引先から得られた収入を印刷して、持っていかなくてはなりません。

この手続が面倒だったわけですが、逆にいうと中途半端にこのような副業をするなら、売上をどんどん伸ばすように副業に勢いをつけるか、辞めるかしたほうが良いです。

大した売上でない場合は、会計ソフトを買うにせよ、税理士を雇うにせよ、それだけで赤字になります。

故に小遣い程度で副業やりたいなと思う人は、確定申告の面倒臭さも考慮した上で始めるようにしましょう。

一度やり始めたら、売上を上げることに邁進できなければ、サラリーマン専業に戻りましょう。

年に1回とはいえ、副業は立派な事業と考えると当然といえます。

副業を始めるなら、1月開始が良い理由


今確定申告シーズンですが、副業を始めたいなと考えている人は考えるのはいつでも構いませんが、始めるなら1月をオススメします。

理由は簡単で、確定申告の納税期(1月から12月までの収支を計算)の最初の月だからです。

この間に確定申告の勉強をしたほうが良いです。

特に雑所得で20万円以下の確定申告は不要という話は、裏を取ったほうが良いです。

これは国税は当たっていますが、住民税は1円でも稼ぐと会社に通知が行きます。

そのため確定申告をして、普通徴収にチェックを入れるというのが、会社に副業がバレない方法らしいです。

しかしそれでも絶対バレないというわけではないらしいので、ゼロリスクが良いという人は副業は諦めた方が良いです。

リスクヘッジをすると同時に取引先リストを作ろう


最近はクラウドソーシングに代表される副業サイトが増えてきました。

例えばリスクヘッジをするために、上記の代表サイトであるランサーズ、クラウドワークス、ココナラを全部登録してそこから仕事を受注します。

問題はここからで、暦年(1月から12月)の取引履歴を全部印刷して保管しておかなければなりません。

更にこの書類は5年保管しなくてはなりません。

これをパソコンで副業初心者がやるのは、かなりハードルが高いといえます。

そのため最初の取引を開始したならExcelで良いので、取引先リストを作っておきましょう。

そして年明けの1月にその取引先リストを見て、1年の売上がわかるものを印刷する準備に取り掛かりましょう。

この準備を怠ると確定申告のパソコン操作で、えらい時間がかかってしまいます。

副業は始めたら、何としても独立する決意をしたほうが良い理由


上記のことから、取引先を増やすと明細が増えるため小遣い稼ぎ程度の軽い気持ちで副業を始めるなら、「やめとけ」と自分は忠告します。

最初はお金を事業所得のレベル(年間20万円超)まで稼ぐのが稀で、通常は筆者のように年間1万円稼げれば御の字です。

この会計を楽にするために、会計ソフトや税理士に相談すると、赤字になってしまい副業をする意味がありません。

なので中途半端に副業をするくらいなら、やらないほうがましです。

やるなら徹底して売上を伸ばす、中途半端にやるくらいなら辞めるくらいの覚悟がないと、副業は辛いことが身にしみてわかると思います。

あくまで取引先が複数ある場合の副業についてですが。

まとめ


副業で稼げるのは確かに素晴らしいことですが、確定申告の面倒臭さを言わないで夢だけ見させるブロガーやYouTuberが多すぎます。

彼らはかなり特殊な人種であって、最初の低空飛行のときに「こんな面倒くさいことをやっていたのか」という、この確定申告の泥臭さについて触れているものは一切ありませんでした。

筆者の実体験から見ると、彼らは良いことばかり言うが裏でこんな泥臭い仕事を難なくこなしていたのか?と思わざるを得ません。

まして1月に副業を開始したとしたら、準備良すぎです。

とここまでが振り返りで、まとめますと副業でリスクヘッジをするときは以下の点に注意して確定申告に臨みましょう。

・副業を開始するなら1月から。理由は暦年の一番最初の月で税金の勉強をする時間が一番あるから
・リスクヘッジで複数の取引先と取引したい場合は、Excelか何かで取引先リストを作ること。
 後々確定申告で各取引先との収支を報告するため
・副業を始めるなら中途半端にやらないこと。
 やるなら徹底して利益を上げるか、辞めるかしたほうが良い。
 その理由は確定申告の複雑さが増すから。
 そこそこの小遣い稼ぎで、確定申告の書類を集めるのは割に合わないためでもある。

これから副業でリスクヘッジを兼ねて、複数の取引先から売上を上げようと考えている方、この文章を読んで覚悟を決めてください。

例えばアフィリエイトの登録先を複数にして、収入の枝を増やすことで中途半端に稼いだとき、上記の面倒臭さに自分が対応できるか確認した上で、登録を考えるようにしましょう。

老婆心ながらの解説でした。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました