睡眠時間は多く取る科学的根拠は、若い時にやってはいけない

労働経済

睡眠時間を多く取る科学的根拠は、20代以下でやってはいけない


最近有名人のYouTubeや睡眠時間の科学的根拠を基に、1日7時間以上寝るようにしましょうと啓蒙活動をしていますが、20代以下でそれをやってはいけません。

なぜならば、筆者がそれをやっていた結果、年収に影響してきたからです。

つまり20代以下は睡眠を多少削ってでも、技能が高度化する勉強についていくほうが重要です。

睡眠時間が1日7時間以上で通用するのは、これらの技能を効率的に覚えられる地頭のいい人だけです。

並の人がそれをやると、30代以降で取り返しのつかない苦労をすることになります。

ゆえに20代以下は必死で、高度で複雑化した社会で生き抜く勉強を時間を削ってでもするといいです。

有名大学に行っている人は例外なく、睡眠時間を削って勉強をし合格している現実があるのですから。

睡眠時間を多く取るのは、外注のプロになってから


睡眠時間を多く取れる人というのは、人種が限られていて外注のプロいわゆる経営ができる人がほとんどです。

そのためには資金が必要になってきます。

サラリーマンの給与は年々減ってきているので、年齢の若いうちから外注の重要性を認識して、睡眠を削ってゆるいモードに移行しています。

外注は多くすればするほど時間が増えます。

だから睡眠が多く取れるのです。

サラリーマンにそれをやれと言われても、凡人にはできません。

なぜなら日本人の多くが、社会人になって勉強しないからです。

日本は勉強をすることで、他国より有利になりやすい
日本人は勉強嫌いで、一方向しか物事が見えないため違ったやり方を試すことがしにくく、また読書嫌いなので能力の向上も図れません。このような人が圧倒的多数のため、恐ろしいほど多方面に勉強をすることで競争率の高い他国よりも有利に生活することができます。

だから彼らの言うことに、サラリーマンは騙されてはいけません。

詳しくいうとこのような要因があるからです。

睡眠時間を云々言っているのは、30代以上のおじさん


勝間和代氏を筆頭に「睡眠時間はたくさん取ったほうがいい」とスタンフォード大学の本をゴリ押ししている人の「最高の睡眠」の話に洗脳されている人は、20代以下のときに激務を例外なくしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スタンフォード式最高の睡眠 [ 西野精治 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/2/17時点)

睡眠時間の重要性を言っている人は、20代以下の時も同じだったか?

スタートダッシュで勢いをつけて、お金の稼ぎ方やマーケティングをその中で覚え、日本のようなぬるい環境に30代以降にフィールドを移し、外注を使いながら自分の時間を確保してやりたいことをやれば、この睡眠は正しいというのが真実です。

筆者の経験では、20代で社会人になったばかりの頃は右も左もわからないので、残業漬けになりました。

帰ってきたのが、夜9時は当たり前でそこから何かをやろうとする気力はありませんでした。

これが継続して抑うつになりました。

この経験が20代であとは抑うつで睡眠を十分取って、回復してきたときには30代で所得は徐々に下って、最近は時間管理を徹底しているものの、睡眠は移動や昼休みの合間に取って辻褄を合わせているというのが現実です。

大体若くしてお金と人脈、名声などを手に入れた人は、20代で人より数倍遅くまで起きて学習効率を上げるのに邁進しています。

当然筆者が最近やり始めたスケジュール管理なども、当たり前のようにやっています。

我々のような凡人とは、このようにスタートダッシュが全然違うのです。

若いうちは睡眠時間より、社会勉強を強化することが重要


以上のことから、若ければ若いほど睡眠時間より社会勉強を強化することが重要です。

なぜならば、十分睡眠をとって楽できるようになるためです。

このときの時間は、わずか30年しかありません。

時間はすべての人に平等ですが、使い方は異なっています。

筆者のような一番勢いのある20代でうつ病になってはいけません。

この時期は若さを生かして、やりたいことを徹底して突き詰めることをしたほうが後々の幸せにつながってきます。

是非若い人は、この短い時間をゲームなどの娯楽ではなく、他者に幸せをフィードバックできるような趣味を探して欲しいです。

まとめ


有名人や本では睡眠時間を多くとった方が良いと、力説していますが筆者はこの考えに反対で、30歳になるまでは若さと体力にものを言わせて、ガンガン社会貢献したほうが後々の人生の楽さが変わってきます。

もちろん社会貢献の度合いが高い人ほど、睡眠時間が長くとることが可能です。

最初はそのように勉強をして、慣れてきたら外注をうまく使って時間を作り出せば良いのです。

資本主義というゲームは、若さにまかせてスタートダッシュを決める遊びと言えます。

逆に言うとこの時期に怠けていた人は、歳を取ると挽回が難しくなっていきます。

それは能力が歳を経るごとに劣化していくからです。

筆者は後者なので、睡眠時間は少なめなのです。

この記事を読んで、若い人はスタートダッシュを決めてください。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました