2択アンケートサイトのススメ

家庭の経済

2択アンケートサイトはPowlとアンとケイトが手軽で楽です


アンケートサイトは有名どころのマクロミルを始め、沢山のサイトがあります。

ではどのサイトを使ったほうが良いのかというと、Powlとアンとケイトというスマホアプリが秀逸です。

例えば筆者は以前、マクロミルを活用していましたがアンケートに答え終わるまで時間がかかるのが難点でした。

1日30分程度やると時給換算で30円位にはなります。

もっと楽なアンケートサイトはないか探したところ、上記2つが見つかりました。

両方とも択一のアンケートサイトです。

なぜ択一のアンケートが良いかというと、「選択の科学」という本で人は選択肢が多いと判断力が鈍ってしまうからです。

またウィルパワーという意思決定力を消耗してしまいます。

選択の科学 コロンビア大学ビジネススクール特別講義 (文春文庫) [ シーナ・アイエンガー ]
created by Rinker

ゆえに択一式のアンケートサイトを使って、副業の可能性をシフトしています。

択一であれば、簡単に仕事の昼休みにできてお手軽に商品をもらうことができると踏んでいるからです。

Powlとアンとケイトとはどのようなサイトか?


どちらも携帯アプリで無料でダウンロードできるアンケートサイトになります。

ただメインは択一のアンケートですが、動画広告を見たり、マクロミルのように複数の選択肢のアンケートもやっています。

当然手間がかかるアンケートのほうがポイントが高く付きます。

ではこの2つのアプリの違いは何なのかというと、ポイントの還元でもらえる商品が異なります。

同じ300ポイントでもアンとケイトはAmazonギフト券300円分に対して、Powlは同じポイントで50円のアマゾンギフト券となっています。

これだけ見ると、アンとケイトのほうが有利に見えますが、択一のアンケートがあまり届きません。

1日に1回と頻度は少ないです。

それに対してPowlのアンケートの数は1日5問程度の択一式アントートが届きますが、数時間待てばまた新しい択一のアンケートが届きます。

これを考慮した上で、時間単価を考えアンケートサイトをどう使うか検討していきます。

時間単価を考えた場合、どちらを使うのが良いのか?


両方使うという手ももちろん考えられますが、単純に手間は倍になります。

時間単価を考えるのであれば、どちらか選択した方が個人的には良いと考えています。

商品の期待値を考えた場合はアンとケイト、時間単価で考えた場合はPowlのほうが効率的です。

その理由は、アンケートの数が1日数件しかこないアンとケイトよりも、数時間に数件アンケートが来るPowlのほうが時間単価を考えた場合期待値は高いと考えます。

筆者の事例


筆者は今実験のためアンとケイト、Powlの両方を昼休みの5~6分を使ってアンケートに答えています。

ある程度昼休みの時間単価があがったら、アンとケイトから止めていく予定でいます。

今のところ昼休みの時間単価を上げる方法は特にないため、択一のアンケートサイトをやって検証をしています。

まとめ


アンケートサイトは選択疲れを無くすために、択一のアンケートサイトを使ったほうが精神的に疲れなくて済みます。

その要件を満たす携帯アプリが以下の2つになります。

・アンとケイト
・Powl

商品の還元が良いのはアンとケイトですが、1日のアンケートの量ではPowlに軍配があがります。

とはいえ択一なので筆者のように両方を試験的に両方使ってみるのもいいでしょう。

択一のアンケートのためお手軽なので、昼休みの5分程度の時間で全部できてしまいます。

この時間単価が上がったら、これらのサイトは辞め時だと考えます。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました