防災用スイーツ缶を食べてみた感想

マーケティング

チーズケーキ缶を食べてみた感想


「マツコの知らない世界」でスイーツ缶の紹介をしており、趣旨が面白そうなので試しに買って食べてみました。

番組ではチーズケーキが1種類しかないですが、筆者は3種類あるものを注文して食べました。

3種類とは

・チーズケーキ
・抹茶チーズケーキ
・ガトーショコラ

になります。(上記写真参照)

チーズケーキと抹茶チーズケーキを食べました。

チーズケーキのほうは、チーズを甘くしたという感じの味で、非常食のスイーツとしては美味しいです。

抹茶のほうもちょっと抹茶ケーキとは違う味ですがスイーツとしての役割は十分果たしています。

食べると思ったら冷蔵庫で多少冷やした方が美味しく食べられます。

缶詰の大きさは焼き鳥缶とほぼ同じくらいです。

どこで買えるか


楽天市場に売っていました。

下記にリンクを張っておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しっとりケーキのスイーツ缶ミニ6個入り防災セット
価格:1944円(税込、送料別) (2020/6/27時点)

送料が別で、意外にこのコストがかかりますが非常食と割り切れば決して高くはないです。

後日スーパーマーケットに行ったところ、通販のものより一回り大きい同じ缶詰が単品で売っていました。

買うことになった動機


上記でも述べたとおり、「缶詰のチーズケーキってどんな味なのか?、スイーツで賞味期限はどのくらいなのか?」など色々な興味が湧いてきて、送料込でもケーキ屋さんのケーキと同じくらいの価格なら試しに買ってみるかと思ったのがきっかけです。

非常食としての役割


「マツコの知らない世界」で放送していましたが、東日本大震災の時に被災者のニーズで非常食でスイーツが食べたいという要望があったため、数年かけて作りましたという美談があります。

これまでは確かに食事としての非常食はあったものの、スイーツは非常食として存在しませんでした。

これはマーケティングという視点でいうと的を得ていると感じました。

自然災害の多い日本で、このような潜在ニーズを聞き出してほぼ独占状態でこういった商品を開発したのは、見事としかいいようがありません。

商品は高温多湿でないところに保存しておけば、長期間持ちますとのこと。

筆者の自宅にこのスイーツ缶が届いたのは、2020年の6月24日で缶の裏面を見ると賞味期限が2022年11月12日とありましたので、約2年半保存が効く食品になっています。

賞味期限が近づいたら食べきる、ローリングストックとしても最適です。

まとめ


楽天で気軽に購入できて、価格は送料込でも1個当たりの単価はケーキ屋さんのケーキ1つとそれほど変わりません。

味はチーズを甘くしたような食感になっており、スイーツとしての役割は従分果たしています。

大きさは焼き鳥缶とほぼ同じです。

高温多湿な環境下に置かなければ、賞味期限は約2年半と長持ちします。

そのままでも美味しいですが、冷蔵庫で冷やした方がより美味しく食べられます。

近年災害が多い日本のニーズを良く汲み取っている、良い商品です。

スイーツなので、ローリングストックとして使いやすいのも長所としてあげられます。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました