【まとめ】トラックボールマウスを使ってみた結果

労働経済

トラックボールマウスと普通のマウスの操作性と相違点


先日作業効率が上がるのではと思い、トラックボールマウスを買いました。

買った商品は以下になります。

では今まで使っていたマウスより作業効率が上がったかというと、使用して日が浅いということもありプライベートではトラックボールマウスを使っても問題ないが、テレワークとして使うにはまだまだ実用的でないと判断しています。

トラックボールマウスの長所


ではトラックボールマウスとはどんなマウスなのかというと、パソコンのカーソルを動かすときにマウスを持ち上げる必要はなく、上記写真の赤いボールを回してカーソルを動かします。

筆者が買ったトラックボールマウスの大きさですが、手のひらサイズの大きさなので普通のマウスよりかなり大きめです。

スクロールバーの移動は赤いボールの左側面に、普通のマウスの中央にあるスクロールバーを移動させるものと同じものがあります。

左クリックは親指でクリックできるように、赤いボールの左側面にボタンが設置されています。

右クリックは、赤いボールのすぐ右隣にあるボタンで操作します。

では長所はというと、マウスを持ち上げないため手が疲れないのが長所となっています。

またクリック操作も普通のマウスと比べると格段に楽です。

ちなみにドライバはマウスを接続すると勝手にWindowsのほうで認識します。(筆者はWindowsユーザです)

トラックボールマウスの短所


ではトラックボールマウスの短所は何かというと、以下が挙げられます。

・ドラッグがしにくい
・右クリックが使いにくい

どららともまだ使って日が浅いということもあると思いますが、解説していきます。

トラックボールマウスのカーソルの感度がかなり良好なため、ドラッグがしにくいという印象を受けました。

ただこれは、筆者がカーソルの移動スピードを最高速度に設定しているためとも考えられます。

これについては徐々に慣れてくるまで、検証していきたいと考えています。

2つ目についてもカーソルの問題と言えると思いますが、右クリックが使いにくいです。

これらはカーソルの動きと、トラックボールの操作に慣れれば徐々に解消していくと考えられます。

どちらを使うのが効率的なのか?


トラックボールマウスは購入して、まだ1週間程度しか経っていないので短所のほうが致命的となって、まだテレワークで使用できる技術を得ていません。

そのため現時点では普通のマウスのほうが、仕事という面においては優位といえます。

ただ訓練次第でトラックボールマウスは手が疲れにくい上に、操作性でも優位に立てると思っているのでプライベートではトラックボールマウスを訓練して使いこなせるようになっていこうと考えています。

まとめ


以上経験が浅いながらも、トラックボールマウスの操作性について述べてきました。

大きさは手のひらサイズで、普通のマウスより大きめのサイズです。

カーソルを動かすときは、真ん中の赤いボールを回して操作します。

左クリックは、赤いボールの左側面にあるボタンをクリックして使います。

右クリックは、赤いボールの右横にあるボタンをクリックして使います。

現時点ではトラックボールの感度がかなり良好なため、操作性に苦労しているところがあります。

この影響でドラッグと右クリックの操作が、普通のマウスと比べて使いにくい問題を抱えています。

そのため仕事用としては、まだ耐えられずしばらくはテレワーク用として普通のマウスを使っていきます。

ただ訓練次第で手の疲れが出ないことと、操作性は訓練次第でもっと使い勝手がよくなる可能性も否定できないので、しばらくプライベート用として活用していきます。

現時点でのトラックボールマウスの長所と短所をまとめました。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました