家庭の経済

自分で旅行プランを立てられる人は週末パスが有利な理由

祭日を使って荷物を多く抱えずに、自分で旅行のプランを立てて連日違う場所に旅行するなら週末パスがお得です。自分で明確な旅行のプランを持っていてスケジュールも決めている人にとってこの週末パスはお買い得になります。筆者の事例を基に週末パスのお得な利用方法を解説します。
家庭の経済

電気会社、ガス会社の2社比較(どっちがお得か?)

筆者は電力会社とガス会社を1年に1度見直しています。ここ1年で電力、ガス会社を変えています。これらの固定費はエネルギーに関する時価が含まれているので、単純に比較はできませんがおおよその参考にはなると思います。こちらの記事を参考に電力、ガス会社を決めていただければ幸いです。
自己啓発心理学

習慣化と分析力が早期リタイアには必要

習慣化は大きいことをするのに必要な能力ですが、それだけでは足りません。これに分析力が加わらないとおそらく大成功はしないでしょう。多くのひとはこれで脱落します。筆者も必死に食らいついていますが、市場のニーズと自分のニーズが異なるため、中々うまくいきません。このギャップを冷静に対処した人が一部の成功者となるに違いありません。
家庭の経済

年単位で貯金の施策(DINKS家庭の場合)

筆者の家庭は生活費を10万円ずつ折半で出しています。筆者はある程度貯金が溜まったとき、貯金の施策を変えました。本記事はその施策について述べていきます。この施策を取ると一見、手取り収入が増えた気になるので、貯金のモチベーションが上がります。あとは自己管理がしっかりしていれば、貯金体質になります。
貧困の経済

介護と引きこもりに対してのIT投資

老親が居る家庭でまだ介護をしていない方でも、健康寿命が近づいている人は、例え親が健康でも実家のIT化が必要になることが想定されます。筆者もこの分野について調べていますが、まだ導入以前でもがいているのが現状です。とあるブログで介護用のIT機器を幾つか見つけたので、紹介していきます。これは引きこもりにも同様のことが言えます。
家庭の経済

今まで入れた歩行アプリの内容を一旦整理します

歩くだけで、条件を満たせばいろいろなものを無料で手に入れられるアプリが沢山あります。本文はその中で筆者が使っているスマートフォンで効果のあったものを紹介していきます。意外に筆者の使っているものは対応しているアプリが少なく、現状は3つから5つ程度となっています。一旦ここまで判明している内容を記載していきます。
労働経済

20代できれば社会人になる前に覚えること

筆者は今40代ですが、年齢が若ければ若いほど覚えておいて損はない知識というのがあります。というのも40代になると記憶力や能力が低下し始めるからです。当然これらは思い立ったら始めたほうが良い知識ですが、若いうちから知っておくと、後々大きな差となって現れるので覚えておきましょう。
家庭の経済

先月の家計を振り返ってみる

筆者はなんとか契約社員で年収300万円で生活しています。ただし賞与はありません。今回は我が家の先月の家計を振り返っていきます。コロナと悪天候続きで今月と先月は家に居る日が続いていたため、支出が恐ろしく低くなっています。家に引きこもると精神的に病んでくるので、9月は少し大きめの出費を考えています。
家庭の経済

2択アンケートサイトのススメ

アンケートサイトをするのは手間がかかるし、面倒臭いと思いませんか?今回紹介するアンケートサイトは択一のもので脳にそれほど負荷がかからないサイトとなっています。これを会社の昼休みなどに活用すれば、お手軽な商品と交換することができます。暇つぶしに商品と交換できるのでやって損はありません。
家庭の経済

楽天UN-LIMITを使ってみた結果

楽天UN-LIMITを胡散臭いと思っていませんか?1年間通信費は無料で、不満ならいつでも解約可能となっています。またWebに強い人であれば端末の購入コストを極限まで減らすことができます。更に楽天の携帯なのでポイントがプラス1倍つきます。損切もしやすい携帯のため導入をオススメします。
タイトルとURLをコピーしました