労働経済

日本の競争戦略から日本の弱点を攻める

就職しようとしたときにどの業界に行くか迷っていませんか?実は日本では層が薄い業界が存在します。本記事ではマイケル・ポーターの「日本の競争戦略」から日本の弱点となる分野にスポットを当てて紹介していきます。該当する業界で勤め、上位に来れば鬼に金棒になる確率は高くなること間違いなしです。
自己啓発心理学

目標設定とスケジュール能力は自助努力で何とかしないといけないです

納期の終わりだけを見て仕事をしていませんか?ざっくりとしたガントチャートだと、必ず納期直前に終電帰りが続く生活になります。また下請け構造は外注に目標設定やスケジューリング能力を身につけられません。これを身につけるには、能力の幅を広げる必要があります。一番良いのは緩い副業をやってみて勉強することです。
プレゼント企画

魚焼きトレイをプレゼント!家事の時短に役立ててください!

2020.1.19追記:※この企画は終了しました。 この記事を読んでいるあなた、時短家事道具を使ったことはありますか? 筆者は以前紹介したように、魚焼きのトレイを使って洗い物の時短に成功しています。 時短家事道具の効果 ...
家庭の経済

それほど稼げなくても、上位所得10%に入る方法

貧困で苦しんでいませんか?筆者の経験から必要な要件を兼ね備えれば、上位所得10%に来ることができます。本記事では上位所得10%に来る方法を筆者の事例を交えながら、具体的な方法についてまとめていきます。簡単ですがこれで上位所得10%に来ることができます。
群衆としての日本人

日本は一気にステップアップできる環境です

まだゲームや音楽で消費していますか?日本ではそこそこ勉強する人がほとんどいないため、勉強をする習慣をつけると一気に上位にステップアップできます。ここでは日本株を例にとって説明します。このように日本では勉強すれば上位10%に入ることも夢ではありません。
貧困の経済

貧困老人の現状と改善方法

貧困老人の現状とはどんなものか、皆さまはイメージできていますでしょうか。筆者の実家は準貧困に該当しています。その家計を公開します。この現状を見ていざ貧困老人になったとき、どのような対処方法があるのか今時点で改善策を提案していきます。
行動経済学

一部の例外を除き、過剰な借金をしてはいけません

株の信用取引や、住宅ローンをして資産を増やそうとしていませんか?本記事では借金をすることで多くの人間がどのように動くのか筆者の事例を交えつつ紹介しています。これを知れば借金の恐ろしさがわかるはずです。当記事を読んだうえで、借金をするか判断してください。
群衆としての日本人

「自己責任」は当事者が思っているほど責任が重くない

世論が弱者を過剰に攻め立てて、「自己責任」の名の元に被害者に大きな心理的ダメージを与えられたことはありませんか?この問題については言葉の定義を明確にして、責任の所在を明らかにすることで対処できます。本記事ではそのことばの定義と、事例について内容をまとめました。この事実を盾に自分を守ることができます。
貧困の経済

40代手取り14万円の投資の按分

手取り14万円の生活余剰金をどのように使いますか?本記事は生活余剰金を効率的に使うために、日本の大投資家である本多静六の生き方をベースに、生活余剰金の使い方を考えてみました。このような資金配分なら40代手取り14万円でもある程度の浮上は可能なはずです。コツは無料のサービスから得意分野で労働を提供してお金を貯めることです。
駆け引き

営業との正しい付き合い方

営業とその利害関係者(あなた)の利益が一致しているか、自分で確認していますか?もし確認ができていなければ、対立してでも仕事や依頼を自分の意志で断るべきです。ここは営業とあなたの能力との駆け引きなので、営業の言いなりになっていては自分が損をします。本記事は営業との駆け引きについてまとめています。
タイトルとURLをコピーしました