沼田の土岐邸見学と丹荘散策

日帰り旅行

青春18きっぷを使って群馬の沼田と埼玉の神川町を散策

今回青春18きっぷを使って、群馬の沼田市と埼玉の神川町を散策しました。

一番のメインは沼田の土岐邸見学で、神川町は埼玉県の特産品が何かないか探すためです。

結論は土岐邸の名前の主である、土岐家が牛久や浅草にある神谷伝兵衛と知り合いであったという点が少々驚きました。

神川町はローフードの店に行こうとしたのですが、貸し切りになっており、JAの直売所も本庄市や隣の群馬県で採れた野菜はあるのですが、神川町産のものがうどんくらいしかなく、肩透かしを食らった感じでした。

どうやら神川町は夏に梨が採れるので、夏真っ盛りのときに行かないと収穫は少ないことが判明しました。

これについては反省するところがあるので、次回はうまく季節を合わせて行く予定です。

沼田市の土岐邸

沼田駅から歩いて20分、途中山道を登っていくと土岐邸の洋館が見学できます。

拝観料は110円とお安いですが、中は以前千葉の稲毛にある神谷邸別荘を訪れたときに神谷伝兵衛とひょんなことから知り合いになったというエピソードが衝撃的でした。

昔から稼ぐ人と稼ぐ人は引力で引き寄せられる法則というのが、あったと感心してしまいました。

土岐邸の中は和洋折衷なのですが、千葉の稲毛にある神谷家の別荘と比べると非常に質素でインパクトという点では少し控えめに映りました。

隣は当時(明治時代)の銀行があるのですが、丸の内にある1894カフェを見たあとにこれを見ると、こちらもインパクトという点では控えめに映ります。

筆者の浅い経験でも、洋館としての印象は他と比べると薄い感じがしました。

沼田市の特産品を色々模索

土岐邸をあとにして、沼田市の特産品を色々模索して最初に地元のお酒を使ったバウムクーヘンの店「樫の木」という店に来ました。

入り口にバウムクーヘンの自動販売機も設置されており、中々面白い店です。

中に入って地元のお酒を使ったバウムクーヘンがあったので、早速購入。

この後の買い物もそうですが、意外にクレジットカード決済が可能でした。

まだこのバウムクーヘンは食べていないので、食べ終わったらレポートします。

次に味噌バターパンを探しに、フレスタというところに徒歩で移動します。

グーグルマップを片手に行くのですが、まだナビとしての機能が弱くところどころ迷うことがありました。

何とかフレスタに着き、味噌バターパンと味噌バネットを購入。

ただの味噌パンは以前行ったときに食べたので、あえて味噌バターパンにしてみたのですが、味噌の味が強すぎてバターの良さが消されていました。

無人駅丹荘(神川町)を散策

沼田をあとにして、今度は高崎から八高線に乗って埼玉の果てである丹荘(神川町)に向かいました。

ここは無人駅で青春18きっぷは乗り降りするときに、電車の運転手に見せれば大丈夫です。

おそらくワンマン運転しているJRの電車はこれで行けるはずです。

当初お目当てで来たローフードのお店が行ってみたところ、本日貸し切りになっていて食べることができず。

ということで今度はJAの直売所であるグリーンピアに向かいました。

ここも群馬県藤岡市や隣の本庄市の農産物が多く、梨が特産品である神川町は季節(梨の季節は夏が旬)が終わったせいか、うどんくらいしか見つけられなかったです。

一般的に食べる地元野菜とパン、和菓子あたりはJA直売所の定番です。

そこで今回は昼食代わりにここのパンと、うどんを購入して再度高崎駅へ。

やや消化不良だったため、もう少し調査をしてここには行きたいと考えています。

最後に高崎駅の駅ビルで、モッツァレラチーズの味噌漬けと、キャベツサイダーを購入して帰宅しました。

ちなみにモッツァレラチーズの味噌漬けは、味噌(液体化)の中にサイズの大きいモッツァレラチーズが1個まるまる入っています。

カロリーもやや高めですが、タンパク質がガッツリ取れます。

キャベツサイダーはまだ飲んでいないため、味については後日レポートします。

まとめ

今回群馬県沼田市と、埼玉県神川町に日帰り旅行に行きました。

沼田市は期待値が大きかった分、少し自分の期待を下回ったのが少々残念でした。

神川町に関しては、完全に季節外れに来てしまったので、グルメという観点で収穫が何もありませんでした。

ただ青春18きっぷの無人駅での乗り降りの仕方を勉強したので、それで良しとしました。

土岐邸は神谷伝兵衛とのつながりがあったことがわかったというのが、一番インパクトに残ったという結果になりました。

行く順番と季節を間違えなければ、もっと楽しい観光になっていたはずなので、調査をもっとしてから日帰り旅行を満喫したいと改めて決心しました。

今回かかった費用の合計は、青春18きっぷの代金を除くと、3,234円となります。

これは昼食がみそパンをメインとした安いパンを購入し、丹荘でお金をほとんどど使わなかったからです。

次回はもう少しお金を使うように計画したいと思います。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました