貧困の経済

ルサンチマンから抜け出すにはこれしかない

現状に不満がありながら、どう対応したらよいか分からずついネットでその怒りのはけ口を吐いていませんか?そういった方に筆者の体験を交えて自分を変える方法を解説していきます。簡単な行動の第一歩を踏み出せれば、驚くほど視野が広かることは間違いありません。この第一歩の踏み出し方を説明していきます。
労働経済

親指シフトでタイピングのスピードは3割上がります

ローマ字入力は時間がかかりませんか?そこで親指シフトというかな入力の進化版の習得方法について、筆者が体験した例を基に解説していきます。一度親指シフトを覚えるとタイピングのスピードが3割、やり方によっては5割上がるのでローマ字入力には戻れません。これで仕事の生産性を上げて自分の時間を増やしましょう。
群衆としての日本人

日本は勉強をすることで、他国より有利になりやすい

日本人は勉強嫌いで、一方向しか物事が見えないため違ったやり方を試すことがしにくく、また読書嫌いなので能力の向上も図れません。このような人が圧倒的多数のため、恐ろしいほど多方面に勉強をすることで競争率の高い他国よりも有利に生活することができます。
社会心理学

希少な行動をする理由

なぜ希少な行動を取るかというと、大多数の人がやっていることは価値がつきにくくなるためです。そのため少人数の人がやっていることをチャレンジすることで、行動をした人はその行為にプレミアムがつきます。劣等生はこのことを認識し、希少な行動を取り利益を得る必要があります。
プロフィール

筆者プロフィール

はじめましてしのっちです。 2019年現在妻と2人暮らしをしてます。 関東某所で事務方の仕事をしており、心理学と経済学に興味があり勉強しております。 経済学といいつつも家計に関することを中心に実家と自宅の双方の家計について...
タイトルとURLをコピーしました